CIM

概要

CIM(Construction Information Modeling)とは

CIMとは、調査・設計段階から3次元モデルを導入し、施工、維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることにより、設計段階での様々な検討を可能とするとともに、一連の建設生産システムの効率化を図るものです。(第1階CIM制度検討会議資料より)

CIMを活用した流れ

干渉チェック

発注図書から橋脚3Dモデルを作成し、立体的にあらゆる角度から付属物の位置関係・干渉チェックを実施しました。これにより不具合の早期発見、設計照査の効率化に効果がありました。

干渉チェック

維持管理の導線確認

設計照査において本工事やP134上のの隣接工事(上部工)について設計図面より3Dモデルを作成し、隣接工事を含めた維持管理の導線を立体的に確認する事で、上下部工の連続した維持管理の安全性、簡易性を確認しました。

維持管理の導線確認

架設アニメーション

架設するにあたり、作成した3Dモデルを用いて施工シュミレーション動画を作成し検証を行う事で、関係者間の施工手順の確認、工程上の問題点、安全対策・安全教育などに利用しました。

架設アニメーション

維持管理

作成した3Dモデルに鋼材、溶接、塗装などの施工管理記録をデータ化し3Dモデルにひも付けすることで維持管理の資料検索や点検計画の効率化に役立つことを目指しています

維持管理

動画

参考HP