合成床版(KT-スラブ)

概要

合成床版(KT-スラブ)とは

合成床版は、底板鋼板と後打ちコンクリートとを底板上のずれ止めにより一体化させた床版であり、現在までに多くの種類の合成床版が開発されています。
KT-スラブは、過去に多くの施工実績を持つトラス型ジベル合成床版(開発:川崎重工(株))で培った技術とノウハウを活かし、川崎重工(株)と巴コーポレーションにより共同開発されました。
KT-スラブは既住のトラス型ジベル合成床版にくらべ、飛躍的に製作・施工性およびコストパフォーマンスを向上させた、新型の合成床版として生まれ変わりました。

特長

  • パネル重量比の軽減 : 75%
  • コストの縮減 : 80%
  • 剪断バネ : 8.5N~13.5N/mm/mm2
  • 構造パネルのシンプル化 : 底鋼板+CTを主材料

構造

KT-スラブで使用する鋼材は、底鋼版とCTで構成され、図-1及び概要図に示す構図となっています。

1
K-Tスラブ(図-1)
2
K-Tスラブ(概要図)

CT上面のフランジに明けた孔が、孔あき鋼板ジベルとしてのずれ止め機能により、鋼とコンクリートとの確実な一体化が図れます。また、この孔はコンクリート打設時の空気抜き孔としても機能し、フランジ下面のボイドを低減する事が出来ます。

底鋼板は、床版としての主鉄筋および配力鉄筋と、コンクリート打設時の型枠の役目を兼ね備えています。

性能試験

押し抜きせん断試験

せん断耐力は、孔明き鋼板ジベルのずれ止めせん耐力計算式を用いることで検証できます。
(降伏せん断力 Qy=0.90・d2・σc・n)

1
2

輸荷重走行試験

H8道示RC床版、ポステンPCと比較し相対的に優れた耐久性があることが確認できました。

  • 392kN[40tf]で走行回数52万回
  • ポストテンションPRC床版の同試験結果(残留たわみ等)の50%以下
1
2

静的耐荷力試験

P-σ曲線から、CT型ジベルによって、コンクリートとの合成効果が十分であることが確認できました。また、コンクリート圧縮より先に底鋼板が降伏し圧壊まで靭性に富んだ挙動を示していることが確認できました。

1
2

公開実験(於:大阪工業大学) 2009.11

ひび割れ分散確認試験

ひび割れ幅は0.2mm程度であり、またそのひび割れ分散効果も確認できました。

1
1

施工工程フロー

1

床版支間と床版厚

1

施工写真

昭和橋

1
1.製作
2
2.床版パネル設置
1
3.鉄筋
2
4.コンクリート打設
1
5.養生

コンクリート補充(於:大阪工業大学)

1
2