リフトアップ工法

概要

リフトアップ工法とは

鋼管単柱鉄塔の基礎部にリフトアップ機能を内蔵した、仮設ガイドタワーを設置し、これを使用してあらかじめ区分された鉄塔を、上部より順次接続しながら地上付近でせり上げ組立てします。 組立て終了後、基礎旋回装置により、腕金方向が正規位置になるまで塔を旋回させます。

リフトアップ工法の流れ

1
1
2